虫歯の治療はもちろん、乳歯の抜歯、口の中のケガの治療など、
お子さまひとりひとりに合わせた治療をしています。

乳歯の虫歯

乳歯は、生後6ヶ月頃から下の前歯が生え始め、2歳半から3歳までに20本生え揃います。6歳頃には、下の前歯から永久歯に生え変わり、乳歯の奥歯のさらに奥からは6歳臼歯が顔を出します。そして、12歳頃には全ての乳歯が永久歯に変わります。このように、お子さんのお口の中は年齢に伴い順次生え変わり目まぐるしく変化します。よく乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから痛くなければ、そのままにしておいてもいいと思っている方もいると思います。しかし、乳歯のむし歯を放置するとさまざまな症状が出てきます。乳歯をひどい虫歯にしてしまうと、下に準備して待っている永久歯への感染だけでなく、歯並びや噛み合わせにも影響が出てきます。そして歯並びが悪いと歯磨きが行き届かずさらに虫歯をつくります。こんな悪循環を断ち切るためにも乳歯の時から口の中を健やかに保ち大人の歯を迎えることが大切です。

フッ素ってなあに?

フッ化物塗布は、歯の表面に直接フッ素を作用させることによって、むし歯を予防する方法です。
フッ素の作用
① 酸に負けないために、歯の表面を強くする。
② 虫歯菌のはたらきを抑える。
③ 再石灰化の手助け。
歯のフッ化物塗布は、萌出直後の歯に対して行うのが最も効果的です。生えて間もない歯は、フッ素に対して反応性が高く、表層へとり込む量が大きいからです。この方法は、何度もくり返して塗布することによって効果が持続することから年数回実施します。しかし、定期的にフッ化物塗布をしているからといってむし歯にならないとは限りません。毎日の歯磨きや正しい食生活習慣もむし歯予防には欠かせません。

シーラント

虫歯になりにくくする為に歯の溝をコーティングする予防方法です。歯を削らずにフッ素を含むプラスチックを詰めます。健康保険が適応で虫歯予防に大きな効果があります。強く噛んだり、歯ぎしりなどで取れてしまうこともありますが、その場合はまた行えばよいので心配はありません。定期検診でその都度チェックします。ただし、歯と歯の間などの予防はできませんので必ずフロス等を用いて仕上げ磨きはしてあげて下さい。

定期検診

乳歯のむし歯は進行も早く、最初は小さな黒い点でもすぐに大きな穴が開いてしまいます。 そうならないために、3~4ヶ月に一度は定期検診を受けましょう。お子さんのむし歯予防、早期発見、早期治療、正しい歯並びの育成へとつながります。

子どもの頃に虫歯をつくらない生活習慣を身につけることがその子の一生の歯の健康を左右すると言っても過言ではありません。

★定期検診でチェックすること
●むし歯の有無、歯茎の状態。
●歯並び、噛み合わせの状態。
●歯磨き指導(本人と仕上げ磨きの方法)
●間食指導
●歯のクリーニング
●シーラント、フッ素塗布。

PAGE TOP