Save your teeth.

むし歯や歯周病を始め、親知らず、ホワイトニング、義歯など、
お口の様々なトラブルを改善します。

1歳6か月児・3歳児歯科健診

久留米市では、お子さんの健やかな成長を願って次のような乳幼児健診を無料で実施しています。

乳歯の本数や、生え方、虫歯がないかを歯科医がチェックします。歯科健診、歯みがき指導、ご希望の方にはフッ素塗布も可能です。

幼児歯科健診が受けられる医療機関として久留米市より認定された歯科医院となっております。

1歳6か月児・3歳児歯科健診

子どもの歯科健診の目的

厚労省では、「国民健康づくり運動(健康日本21)」の中で「歯の健康」を課題の1つとして取り上げ、幼児期の虫歯予防について「3歳児で虫歯のない者の割合を80%以上にする」という目標を掲げています。乳幼児のお口の状態や生活環境は虫歯になりやすくなる特徴がみられ、1歳6ヶ月児と3歳児の健診を通して虫歯や歯周病の予防を行うことでこの目標を達成し、生涯を通じた健康づくりに役立つと考えられています。

1歳6ヶ月児と3歳児の歯の特徴と生活環境

■1歳6ヶ月児の歯の特徴と生活環境

歯の本数が増え、食べることに興味を示す時期です。生えたての歯は軟らかく、虫歯になりやすいため、保護者によるお口のケアを行い、食生活を整え、それぞれを習慣づけることが重要となります。

■3歳児の歯の特徴と生活環境

一般的に、すべての乳歯が生え揃って歯並びが完成する時期です。生活行動範囲が広がって食習慣が多様化するため、虫歯のリスクが高まりやすくなります。お口の状態によっては、お子様自身が行う歯磨き、保護者による仕上げ磨き、食生活のあり方などを見つめ直すことが必要です。また、指しゃぶりや、唇や爪などを噛む、舌で歯を押すなどの癖が習慣となっているお子様もなかにはみられます。3歳以降も続けてしまうと、上顎前突(出っ歯)や、開咬(上の歯と下の歯が咬み合わない)などの歯並びや噛み合わせへの影響が懸念されますので、適切な指導を受けて徐々に改善していくことが必要となるでしょう。

妊婦歯科健康検査

健やかな妊娠、出産のため、妊婦歯科健康診査を受けましょう

口腔疾患に罹患しやすい時期にある妊婦さんに対して、歯科健康診査を実施します。健診を受診していただき、妊婦さんのお口を健全に保
ち、妊婦さん及び生まれてくるお子さんへの予防歯科への意識を高めましょう。

■妊婦歯科健康診査の助成について

久留米市では、母子健康手帳をお渡しする時に、妊婦歯科健康診査補助券をお渡ししています。

予約が必要の場合がありますので、事前にお電話でご確認をお願いします。

【注意】

1. 妊婦歯科健康診査補助券は、市内の受託歯科医院のみでの使用となります。(当院は委託歯科医院です)

2. 補助券に記載された妊婦歯科健康診査を受けるときは、その費用は公費で負担されますが、健診の内容によっては自己負担が発生しますのでご了承ください。

3. 補助券は、久留米市に住民票がある方しか使用できません。他の市町村へ転出された場合は、転入先の市町村にご確認ください。

4. 補助券を紛失された場合の再発行はいたしません。

■妊婦歯科健診受託医療機関について

妊婦歯科健診を受診できる医療機関は妊婦歯科受託歯科医院のみとなります。

委託外の医療機関で受診した場合は自己負担となります。電話で確認後、受診してください。

8020歯っぴー検診(歯周疾患検診)

40歳・50歳・60歳・70歳の方を対象に、久留米市8020(はちまるにいまる)歯っぴー検診(歯周疾患検診)を実施しております。
80歳まで20本の歯を残すために積極的に受診し、けんこう(健口)を維持しましょう!

■検査内容

問診・歯と歯茎の間の深さ測定 等

■受診のときに必ず必要となるもの

1. 案内に同封している問診票(必ず記入して持参してください)

2. 歯ブラシ

3. 私の健康手帳補冊 ※受診の際には必ず『健康手帳番号』が必要です!

4. 個人負担金500円

【注意】

市民税非課税世帯の方:無料健康診査確認書の持参がある場合は、無料です。

生活保護受給者の方 :生活保護受給証明書の持参がある場合は、無料です。

後期高齢者歯科健診

後期高齢者における口腔の健康を維持することにより、健やかで心豊かな生活を支え、健康寿命の延伸を目的として平成30年より新たに後期高齢者歯科健診が始まりました。

該当年度に76歳になられる方が対象で実施期間は6月〜12月までとなります。口腔内診査や口腔機能検査を行い、摂食嚥下機能の維持・向上を図るとともに、口腔ケアの重要性を認識してもらい、誤嚥性肺炎等の予防に努めます。健診の自己負担金は300円です。

PAGE TOP